お薦め本日々思ったこと

山怪 山人が語る不思議な話

山怪

「山怪 山人が語る不思議な話」は著者が、

猟師や山で働き暮らす人々から聞いた奇妙な体験談を集めた話。

妖怪、狐や狸が出てくるが、大昔話のではない。

新幹線が開通した頃の40年ぐらい前の話だというから驚く。

まさか〜と思うでしょ、でも読んでみたら こんなこともあるのかも・・・と思えるのですよ。

 

その中で一番驚いた話は、

子供の頃 田舎の夜道を母親と歩いていたら

突然夜店が現れて「こんなところに夜店が出来たのか?」

と母親の方をみたら母親は見えていない様子。

振り向いたら 夜店は消えていて辺りはいつものように真っ暗だった。

確かに自分は、リアルに店の中の様子や商品、電球の明りなどハッキリと見たのに不思議だと言う。

・・・これって「まよなか商店街」ではありませんか!?あっ、失礼。

「まよなか商店街」とは私が描いた絵本で真夜中に忽然と現れ、消えるという話なのです。

 

リアルにこういうことってあるんだな〜〜と不思議不思議。

 

 

 

 

Creema https://www.creema.jp/item/5000466/detail

minne https://minne.com/items/11949154

BOOTH https://booth.pm/ja/items/701117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください