日々思ったこと

歯肉にぶっくり小さなオデキのような物ができて痛みがないなら それはこれかもしれない

歯肉にぶっくり小さなオデキのような物ができて痛みがないなら それはこれかもしれない。
根尖病巣(歯根嚢胞)  私はコレで通院中。
歯の治療で神経を抜いた歯の根っこの先が感染して嚢胞が出来た状態。(神経がある歯はならない。)
被せた歯の隙間から細菌が入ったりしてなることが多いい。
痛みがないが 膿が溜まって出口がない場合 歯肉に無痛の小さなオデキ様のものができ
潰れては再発を繰り返す。
治療は歯の根幹を掃除して薬剤詰めること。歯の根が複雑なため完璧にはいかず再発することが多い。
根治治療が難しく 再発を繰り返すので面倒である。
昔の治療で銀歯が入っている人は、要注意。
銀歯との接合部から細菌が侵入しその奥まで悪さをすることが多いいからだ。
銀歯は必ず劣化して隙間ができ内部に虫歯が出来る。
なので出来たら銀歯は外して違う材質にしたほうがいい。
銀歯の中が虫歯でもレントゲン撮影で写らない場合もある。
私もメンテナンスで撮影してもらった時もわからなかったが銀歯を外したら虫歯だった。
実際に見てみないと本当のところわからないのだ。
今どきの子は虫歯が少ないから 審美的にも銀歯がないと思うが
私ら子供の頃は有無を言わさず銀歯にされました。だから若い子には必要のない知識かもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください