未分類

大人の秘密基地作り その1 世界の建築 コブハウスより

コブハウス

大人の秘密基地作り その1 コブハウス

 

災害の多い日本、

そしてバカ高い家の値段。

 

いざとなったら 自力で建てられそうな家を

世界の建築から探してみた。

 

それに、なんと言っても

大人の秘密基地づくりに♪

 

コブハウス

英語でcob house

cobとは丸い塊という意味。

 

特徴

  • 丸いフォルム
  • 意外に耐久性がある
  • 意外に雨も平気
  • とにかく好きな形に作れる
  • 耐熱耐寒性に優れている
  • 耐火性がある

・なんと言っても その丸いフォルム

 粘土を手でこねて作ったので直角がない。

 こんな形は見てて癒やされるんじゃないかな。

 

・意外に耐久性がある

 赤土粘土に藁を入れるとガッチリ固まり強度がアップ。

 実際、災害で木が倒れた時にも壊れすに受け止めていた画像もあり!

 イギリスなど何百年も前のコブハウスが未だにちゃんと残っている。

 

・少々の雨は平気だが 日本の豪雨にはそれなりに対策が必要かも

 土と藁と砂で出来ているので雨に弱いのでは?と思っていたけど

 漆喰を外側にコーテイングするので意外に大丈夫らしい。

 日本の土塀に似ている。

 家の基礎と屋根は、さすがにコブではないことを言っておく。

 そこはやはり 石と木なんだな。

 しかし、日本の豪雨や台風などには屋根と土台の補強は必要だろう。

 

・とにかく好きな形にできる。

 手でこねたり 木や石を補強材として入れたりで

 家の形はもちろん 窓や棚やテーブル、ベットなどもコネて作ったり出来る。

 まるでダヤンやムーミンの家の世界だ。

 

・壁が土なので 断熱耐寒に優れている

 壁は当然厚いのだ。普通60センチぐらい。

 2階建てなら1メートル。

 

・耐火性に優れている

 土ですからね。

 屋根とか藁や木で作っていたら そこは燃えるかも。

 

・全部、自然素材

 土・藁・砂のコブで 

 土台は石 屋根や補強材として木を使っている。

 

<材料>

*砂は川砂で!

 

<作り方>

ザックリと説明すると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホントーにザックリだな・・・Σ(゚Д゚)

 

日本で作るときは 3.6m×2.7m=9.72平方メートル、

床面積が10平方メートル以内なら建築確認を受けずに済むそうだ。

*ただし、自治体により更に条件が付く場合があるそうなので

 マジで考えている方は自治体へ要確認。

 

後、疑問なのは 虫が湧かないかってこと。

日本って 湿度もあるし 虫もいっぱいだからな〜

そこは、ネットで調べても出てこなかったんだけど。(´-ω-`)>ウーン

 

 

コブハウス、自分で作っちゃった人いました↓

【完全手作り】自分で家を作ってきました。コブハウスづくり基礎編1日目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください