展示・イベント日々思ったこと未分類

初めての海外絵本出版 海外へ自分の作品をアピールしょう

中国のRZBOOK出版社さんから届きました〜。

やっと、発売できました〜〜ヾ(´∇`。*)ノ

今年の2月に入稿済ませていましたが

出版社さんの都合で発売が遅れていたのですよ。

いや〜、発売できてよかった、よかった。

初の海外出版です。

 

今回は、この絵本の依頼がナゼ?コネなし金なし実績なし

オマケに地方在住で若くもなし!Σ(゚Д゚)そこまで揃うとは! 

の私のもとに海外の出版社さんから依頼が来たかをお話します。

誰かのお役に立てたらうれしいです。

 

  

*RZBOOK出版社さんから許可を得て画像の記載しています。

科学絵本”Weather Vientiane”「天気ビエンチャン」

中国 RZBOOK出版社 2018年10月第1刷

フルカラー48P 19☓23cm

 

中国の出版社さんから突然のメール

中国のRZBOOK出版社さんの編集者さんから昨年11月に突然メールが来ました。

子供向けのお天気の科学の絵本、見開き22ページの制作の依頼です。

どうして国内でも無名の私のことを中国の出版社さんが知っているのか?

不思議に思いお尋ねしたところ 中国のブロガーさんのページで紹介されていたのを見たとのことです。

メールに添付されていた私のイラスト画像

(これを見たよ〜って感じで)

 

きっかけは、中国のブロガーさんの私のイラストの紹介記事

そのブロガーさんが、ナゼ?私のイラストを知っていたのか?

私の推測ですが、台湾のAsia Illustrations Annual Awardsで入選した時、知られたのではと。

2016年、2018年と入選できて台北から各国へ巡回展示してたので、その時のことかな?

 

海外の公募に出品したから繋がった

当時、私は自分お環境では国内より海外へ活路を開いた方がよいと考えていました。

海外では、どこの美大卒とか年齢とか関係ないと聞いたからです。

で、一番投稿しやすかったAsia Illustrations Annual Awardsへ公募したのです。

(世界各国からイラストレーターの作品を応募してて

データで送信できるので楽だったのです(*’ω`*)ゞ)

で、この考えは間違っていなかったと思います。

ナイナイづくしのさっきまで普通の主婦だったイラストレーターに

絵本一冊丸々任せられるなんて国内の出版社さんなら絶対ないと思います。

 

ですから、私のようなコネなし金なし実績なし オマケに地方在住で若くもなし!

(全部あてハマる人、そうそうないと思いますが(^o^; )

で悩んでいらっしゃるクリエイターさんは海外へ自分の作品をアピールしましよう♪

 

海外へのアピールとして私がやっていること、ご参考までに

・ホームページは英文ページも作成

聞いた話ですが、

「日本人のイラストレーターに、お仕事を依頼しようとしたが英文のページがなかったのであきらめた。」

とかコンタクトが取れないとかで残念だったとか。

英語圏の人は、わざわざ日本語を翻訳してまで読まないようです。

 

・海外の公募へ出品

これはネットで探せば色々出てきますよ。

私はAsia Illustrations Annual Awards以外にも

ボローニャブックフェアーに出品しました。

条件にあるものがあれば、受かってもよし受からなくてもよし 

取り敢えずやることはやった!で気楽に出せばよいかと。

 

・海外のストックイラストへ登録

自分のイラストを見てもらったり そこからお仕事につながることもあるそうです。

私がやっているのは

Adobe stock

 

Shutterstock

 

ポートフォーリオも作成OK

ちなみにPIXTAさんも海外へストックイラストイラストをしています。

国内より需要は少ないとは思いますが・・・。(゜゜)

 

・海外のサイトへイラストをアピール

Behance

こちらもポートフォーリオとしてアピール

 

以上、ナカジマからの報告でした!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA