今回制作する絵本の主人公の頭部のマケットを完成させた 一行日記

今回制作する絵本の主人公の頭部のマケットを完成させた。

*マケットとは絵本やアニメ、映画などでキャラクターの一貫性を保つため粘土などで作った小型の模型のこと。それを元に制作していく。

 

<余談>

今回は写実的な絵本を描く予定なのでマケットを作ったが ゆるい絵本なら作らない

マケットは初めて作っったが 曖昧だった人物の立体像が確認出来て良かった

私は人物の顔が苦手なので、動物やファンタジーの生物ならもっと早く出来ると思った

イメージが曖昧なまま描き進めるより 急がば回れで、ます立体で形を作って確認してからのほうが筆に迷いがなく早く描けれると思う

マケットは、あくまでもイメージの確認の為のモノなので精巧に作り上げなくてよい・・・と思う

 

正面

高さ6.5cm 幅5cm  百均の肋粘土

(最近の油粘土は白もあるのだ〜と驚いた)

割り箸ににブッ刺している

横顔

後ろ

見上げた図

見下ろした図

斜め横

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください