お薦め本

毒々生物に魅せられた人達の奇妙な世界 オススメ本

ペンペンナカジマ

最初は、自分のマンガ作品の資料として何気なく選んだ本だった。

 

 

作者の初めて描いた漫画作品「蔵」より

毒を使った殺人美少年の話

お試しで描いたので発表はしてないです(〃’∇’〃)ゝ

 

 

読んでみて驚きの世界である。

 

 

毒について知らないことが多く興味深かったが

それにもまして 毒に魅せられた人々の話がデープだった。

 

・人間もマングースのように毒の耐性が獲得できるのか解明すべく

 26年間、ヘビの毒を自分の体に注射し続ける男

 

・「刺されると痛い昆虫ランキング」を作るために

 78種類の昆虫に刺された昆虫学者

 

・強烈な恍惚感を得るためにコブラに噛ませるインドの若者たち

 など

「蔵」ナカジマナオミ より

 

 

他にも

・毒はマインドコントロールにも使える

 

・毒は「死」も与えるが「生」も与える

 近年続々と解明される特効薬となる毒

 

・カモノハシの毒は、ゲノムを誰かが切り貼りしたような

 他の動物の毒のゲノムで合成されている

 

 など

「蔵」ナカジマナオミ より

 

人は何故これほど毒に魅せられてしまうのか?

この本を読んでみてほしい。

毒に魅せられた甘美な世界に誘われるかもしれない。

 

 

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
Naomi Nakajima
Naomi Nakajima
イラストレーター時々絵本作家
記事URLをコピーしました