作品について
 
“まよなか商店街” より
小学校の頃から誰もいない真夜中の商店街や百貨店の中に入って 
好きなことをしたい!と言うのが夢でした。 
多分SF小説の「トリフィドの日」とか
チャップリンの映画とか
トワイライトゾーンとかの影響があると思うのですが。 
クレヨンしんちゃんの映画「オトナ帝国の逆襲」のワンシーンにもありましたよね。
真夜中で誰もいないからといって暗いのではなく 
あくまでも光光と照明がついていないといけません。
そこでベットに寝たり食べたりオモチャ売り場で好きに遊んだりするのです。
非日常のインテリア雑貨に囲まれて・・・。
 
絵本「まよなか商店街」 
Creema、minneでも販売出来るようになりました。
 
Creema
 
minne
 
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

作品について
絵の制作前の下準備 

書類を整理していたら ピラッとこの紙が出てきました。 新しいミックスメディアを試す時 一応計画を立て …

草むらと夜空
作品について
アナログ風コラージュの加工 コラージュの試作

  アナログ風コラージュの加工 コラージュの試作   絵本でアナログの手描きのコ …

ナゾノ商會 4コマ
「ナゾノ商會」ちょっとレトロな4コマ漫画

ナゾノ商會   「ナゾノ町にあるナゾノ商店街のナゾノ商會。 いつの間にやらひっそりと開いて …